お見合い相手がストーカー化した話

妻と交際する前の話です。
祖母に勧められて祖母の知り合いのお孫さんとお見合いをさせていただいたことがあります。
お見合いといっても釣書とか仲人とか庭で鹿威しが鳴り響く料亭とか後は若いお二人で的なお固いものではなく

「近所のおばあちゃん同士の話で年頃の孫がフリーだから会わせちゃえ」という感じだったらしく
場所と時間だけ決めて2人でお茶でもしてきなさいというラフなものでした。もはやお見合いというよりもお茶会と呼んだ方が正しいでしょう。


しかもお茶代ということで祖母から1万円いただきました。
お茶代だけで1万円。
「少ないけどこれで相手の分も払ってあげるのよ」と祖母に言われたので
「1万円で足りるか心配だけど、もし足りなかったら自分で払うよ」と祖母には言いながら
内心、余ったお金でウイイレでも買おうと思っていました。

 

祖母とその友人に場所から時間まですべて手配していただきました。
場所は某ホテルのラウンジでした。ラフさはゼロでした。祖母を恨みました。
私はとてもカジュアルな格好なのに対し、相手はドレス。
周りの方たちもスーツやドレッシーな服をお召しになられてました。

 

場所の雰囲気と服装が浮いている焦りから冷静になり、ようやく気づいたのですが

 

相手の人、お母さんが同伴してる。

 

当初の話では二人で会う約束でしたので私の親は同伴しておりません。
私とお見合い相手の人(メグミさん)とお見合い相手のお母さん(メグミ母)の3人でお茶をしてる。
しかも私とメグミ母しか喋っていない。
お見合いというのはこういうものなのか?
如何せん初めての経験なので、この状況が正しいかどうかの判断が付きませんでした。

 

例えば、メグミ母に「仕事は何をされてますか」と聞かれると、私がそれに答え、
その流れで私がメグミさんに「メグミさんはお仕事は何をされているのですか」と聞くとメグミさんは答えずにメグミ母が答える。
他の会話でもすべてこのようなやりとりが続きました。
メグミさんが喋ったのは最初の自己紹介の時の「メグミです」の一言だけ。

後は、メグミ母質問→私回答→私質問→メグミ母回答の繰り返し

 

私のお見合い相手はメグミM母だったか?
そして「お母さんの再婚相手がどんな人か見極めにきました」という感じでメグミさんが同席してるシチュエーションだったか?と錯覚するほどでした。

 

それにしても話を聞いていると
メグミさんの話なのに、とにかく何でもメグミ母が出てくる。
メグミさんの身の回りの世話は全部メグミ母がやっているような状態らしい。
実際にメグミさんがちょっと紅茶をこぼした際もメグミ母が口を拭いてあげて、こぼれた紅茶も拭いていた。

 

このままメグミさんと結婚したら、初夜までメグミ母が同席しそうだな、と思うほどでした。
終わった後は紅茶よろしく、メグミ母が拭くのかなとも思いました。

 

そんなメグミさんもとい、メグミ母とのお見合いも終わりお開きの時間になりました。
いかに高級ホテルといえども、お会計は3人で5,000円ぐらいだろうと思っていました。


1万円貰っているので、5,000円は余るからウイイレは何とか買えそうだなと思い、会計に向かいました。

 

お会計額は約16,000円でした。
約3.2ウイイレです。

 

アフタヌーンティーセットが1人4,500円です
0.9ウイイレです。
サービス料が13%つきますので585円
0.117ウイイレです。
そこに消費税が5%(当時)かかりますので254円
0.0508ウイイレですね。
しめて一人当たり1.0678ウイイレ。3人で3.2034ウイイレですね。
祖母からは2ウイイレしか貰っていないので、1.2034ウイイレの自腹ですね。
ふざけてやがる。

 

ウイイレで換算したらポップになって怒りが収まるかと思いましたが、未だに怒りがこみあげてくる。
一番腹が立つのは会話において、あれほど前に出てきていたメグミ母がお会計の時にはものすごい後ろにいました。
そこだけは古き良き時代の女性を体現しておりました。目すら合わさないなんて淑女の恥じらいも持っておられる。

 

ちなみに帰り道にウイイレは買いました。

 

その後解散し、お見合いのマナーとして断る場合はなるべく早く伝える事が望ましいとのことなので
家に帰ってすぐ、時間にして解散から1時間後くらいに断りの電話をメグミ母に入れました。

 

私「私には過ぎた話ですのでお断りさせていただきたく・・・」
メグミ母「何故ですか?断る理由を具体的に言ってください。」

 

こういうのは向こうも察して
「これからの良縁をお祈りしています」とかで終わるものだと思っていました。

 

私「(メグミ母ばかりが話していたから)メグミさんの事があまりよく分からなかったので、今後のお付き合いのビジョンが見えませんでしたので・・・」

 

メグミ母「じゃあメグミちゃんの事が分かればいいのね。分かったわ。」

 

何か気になる事を言っていましたが、一応断りの旨は伝えたので、これでいいかと思い買ってきたウイイレを精力的にプレイしました。
この満足度でアフタヌーンティーセットとほぼ同額とか信じられなかったです。

 

後日郵便受けを見ると
私宛ての茶封筒が入っていました。
差出人はメグミ母。

 

封筒の中身は手紙が1枚と書類が綴じられたファイル。
手紙はメグミ母からのもので
内容を簡単に説明すると
「先日はどうも。メグミちゃんの事をもっと知りたいと言われたので
メグミちゃんについて書いたわ。これでお付き合いするわよね。」

 

書類の方は
メグミさんのプロフィールが事細かに書かれていました。
身長・体重といった身体的なものから健康状態、趣味、経歴、
果ては結婚・出産といった将来のスケジュールまで。

 

これはマナーを考えている場合ではないのでストレートに断ろうと思いメグミ母に電話しました。

 

メグミ母「送ったものは届いたかしら?あれでメグミちゃんのことは全部分かったわね?」

私「こういったことはやめてください。お付き合いする気はないです。」

メグミ母「何がだめなのかしら?」

私「そもそも本人は私と全く話しをせず、こういった情報だけ一方的に送られて、付き合うことを強要されるのは困ります。」

メグミ母「メグミちゃんの話が聞きたかったのね。分かったわ。」

 

後日、同じような茶封筒がポストに入っていました。
中身はメグミ母からの手紙とUSBメモリー。
手紙の内容は
「メグミちゃんの話を聞きたいって事だからメグミちゃんに色々と話してもらったわ。これでお付き合いするわよね。」

 

USBメモリーをパソコンで読み取ると
音声ファイルが入っていました。
録音されていたのはメグミ母とメグミさんの会話でした。
メグミ母「メグミちゃんお名前は?」
メグミ「はい、私の名前は○○メグミです。」
メグミ母「メグミちゃんの好きな食べ物は?」
メグミ「オムライスです。」
こんな調子の会話が約1時間入っていました。
聞いていられなくて途中で再生を止めました。

恐怖を感じましたが、ここで黙っていてはどんどんエスカレートするだろう。と意を決して電話のリダイアルを押しました。

 

メグミ母「メグミちゃんのお話を聞けてよかったでしょう?」

私「いいかげんにしてください。付き合う気はないと言っているでしょう。」

メグミ母「まだ何か不満なのかしら?」

私「こんなことをして信頼関係を築けると思っているのですか?普通は会って、話をして、そこからお互いを知って、信頼関係が生まれるはずだ。
あなた達のやっていることはただの独りよがりだ!もうやめて欲しい。」

メグミ母「メグミちゃんと会って話したかったのね。分かったわ。」

 

 

後日、家の前には。 

「声だけで、その人に好意を抱くことなんか絶対にない」そんなふうに考えていた時期が私にもありました

私にはかれこれ2年ほど仕事での付き合いのある女性がいるのです。
仮にその人の事を宮原さんとしておきましょう。
私は大阪で仕事をしていて、宮原さんは東京で仕事をしています。
宮原さんの会社が私の会社と顧問契約を結んでいて、宮原さんの会社の業務の補助を私が行うという関係です。
定期的にお互いの仕事の進捗を報告し合うという作業を続けて2年になります。

週に最低でも1回。多い時は1週間毎日、メールや電話でのやりとりを2年も続けているわけですから
最初はビジネスライクだった会話も、今ではかなり打ち解けて話すようになりました。
宮原さんは時に友人に話しかけるように、砕けた話し方で私に接してくるのです。
私とビジネスの垣根を超えたいという宮原さんなりの心の表の現れなのか?と何度も自問する日々でした。
いつしか宮原さんからの電話を心待ちにしている私がいました。

先日、宮原さんから電話がありました。
「名古屋に出張に行くのですが、足を延ばして大阪まで行こうと思っています。遅くなりましたが、その時にご挨拶させていただきますね」と言っていただきました。

ちょっと足を延ばしてという距離でもなく、足労を掛けるのも悪いと思い
「お気遣いなく、御足労いただくのも大変でしょうから結構ですよ。」と答えたのですが

宮原さんはいつもの砕けた調子で
「えー、折角だから会ってお話してみたいじゃないですか」
おいおい、なんだね君は。出会い系にいるサクラかね君は。
御社もなかなかツボにグッとくる人材を集めていらっしゃるようですね。御社の益々の御発展を心よりお祈り申し上げますマジで。

結局、宮原さんに押し切られるようにお会いする日程が決まりました。
私、女性に押し切られるの、嫌いじゃありません。

ところで、宮原さんについて、この段階で分かっているのは
会社の肩書と名前だけ。顔も年齢も分かっていません。
しかし声と話す雰囲気から「快活で奔放な性格で歳も若い。顔は女優の葵わかなさん」というのをイメージしていました。
柔らかい雰囲気と屈託のない笑顔で何となく守りたくなる感じ。そんな事を勝手に思っていました。


宮原さんが会いに来る日。
意識してしまっているのか何となくいつもより朝の身支度を念入りに行ってしまっている自分がいる。
スーツも靴も持っているものの中で良いものを選んでしまう。
いつもだったら付けもしないムスクのフレグランスもつけてしまう。
どうなってしまったんだ今日の私は。

そして宮原さんが来る。会う時間は午後なのだが、午前中は仕事にならなかった。
受付の方から私に「来客です」と連絡が来る。
人の第一印象は会って4秒で決まるとも、視覚での情報が半分以上を占めるとも聞いたことがありますが、
私は宮原さんの第一印象を決めるのにかなり時間がかかってしまった。
というのも長い時間かけて想像していた宮原さんは先述したとおり「葵わかな」で定着してしまっていたので、「実は黒木メイサでした」と言われても今までの宮原さん像からかけ離れ過ぎていて脳の認識が追い付かなかったのだ。
そう、宮原さんは目尻が上がり、全体的にシャープかつキリッとした印象の黒木メイサ似の女性でした。もう目力がNo more rules.
でも声と話し方は今まで聞いていた、あの快活で親しみのある感じ。

そこからは宮原さんの話が入ってこない入ってこない。私の頭の中で葵わかな黒木メイサのせめぎ合い。
聴覚は「わろてんか」で視覚は「kate」。脳がどうにかなりそうだった。

もちろん、宮原さんに本気で恋慕の情を抱いた訳ではありません。
ただ、関わりが強くなればなるほど、そうではない人に比べ、
その人に何か感じるようになるのだと改めて思いました。

そんな宮原さんですが、今月末で退職されるそうです。
後任は50歳のおじさん。まったくやる気が出ません。

風俗で働く友人に男の疑問をぶつけてみた

私には男性用の風俗店で働く女性の友人がいます。
この友人とは学生時代からの付き合いです。
学生の時からスナックやキャバクラでアルバイトをしており、
社会人になってからは奨学金の返済のために短時間で稼ぐことができる風俗店で働くことにしたそうです。
話を聞くと、そういう女性は珍しくないようです。
その友人の同僚も同じく奨学金の返済という目的で、風俗店で働くことを選んだそうです。

以前にその友人とお酒を飲んだ時に風俗店のことについて私が疑問に思っていることを聞いてみました。
それは「お店のホームページで自分のページに書かれている紹介文は正しいのか?」という疑問です。
お店のホームページには在籍する女性スタッフがどういう人であるかを個別のページでそれぞれ紹介していることがほとんどです。
しかしあの紹介文、何か的外れというか一言で言ってしまえば「ダサい」んです。

そもそもあの紹介文は誰が書いているのでしょうか。
これについて友人に聞いたところ「お店の従業員(スタッフ以外のお店を管理する部門の従業員)の方が書いている」とのことです。
さっきお伝えした「ダサさ」の原因はここにあるようです。
友人が在籍するお店の紹介文を書いている方は50歳の男性スタッフだそうです。
その紹介文の例文については後述しますが、
「テンション高く書いているけど言葉のチョイスがおじさん」というか「パリピを間違った方向に解釈している」というか、
とにかく昭和の感覚で一生懸命若い世代に迎合するように書かれたものであるように感じるのです。
更に、その男性スタッフの一人が在籍スタッフの紹介文を一手に担っており、女性スタッフの面接時の様子から表面上、汲取った情報を元に書かれているので、画一的で女性の情報についても的外れな内容になっていることが多いです。

その紹介文について友人に自分の紹介文は正しいことを書いているのかを聞いてみました。
まずは友人のお店での紹介文を見て頂きます。

 

 【完全業界未経験】
笑顔最高で愛嬌たっぷり!人懐っこくてとっても癒される「○○」チャンが入店しましたよ~★★
スレンダー体型でショートカットがよくお似合いの「○○」チャン☆彡。
年齢より若く見られますし、未経験の初々しさは心に沁みこむ男心ををくすぐってくること間違いありません!!
そんな無垢なお姉さんもプライベートでの開発度は未知の世界でございます。
そりゃぁ~、そうでしょ(`・ω・´)テクニックも磨いてきましたし・・・喜ばせているテクニーックは持ち合わせているでございます。
興味津々で当店に入店した「○○」チャンは好奇心と探究心が凄いので「好きこそものの上手なれ」をお客様にお披露目してくれることでしょう☆彡
面接官が面接時の様子から閃きを得て「○○」チャンという名前にしたとか(´▽)/期待しちゃってください☆彡【完全業界未経験】です。
絶対に!やさしくルール・マナーを守ってお遊びくださいませ★

 

これである。名前以外ほぼ原文のまま書きました。(何度も見直しましたので文章中に間違いがあることは間違いありません。)
ダサさについては各々が感じ取っていただきたい。先程、私が感じたこの文章の感想を書いたが、皆が私と同じ気持ちでいてくれるとありがたい。

さて本題の本人による自分の紹介文の添削についてですが、
結論から言うとほぼ間違っている、もしくは自分の本質ではない。ということです。
一つ一つ見ていきます。

 

 【完全業界未経験】

【完全業界未経験】ではない。

業界とはどこを指すのか分からないが、夜の世界には学生時代から入っていたし、風俗業界もこのお店が初めてではない。
風俗歴がない、もしくは短い場合は業界未経験と書かれることがあるようです。

 

 スレンダー体型

 スレンダーと思うかは個人の主観によるが、今までスレンダーと言われたことはない。
元彼からは「お前、土偶みたいなシルエットだな」と言われたことがある。

 

 年齢より若く見られますし、未経験の初々しさは心に沁みこむ男心ををくすぐってくること間違いありません!!

 確かに年齢より若く見られることはある。
しかし、そもそもお店で登録されている年齢は実年齢より若く公表されている。在籍してから1年以上経ってもお店の年齢は更新されない。
若く見られるにも限界がある。
未経験の初々しさはない。
心に沁みこむ男心ををくすぐってくる。文章の意味が分からない。

 

 テクニックも磨いてきましたし

 特別、磨いてきてはいない。

 

 興味津々、好奇心と探究心が凄い

 風俗業界に興味も好奇心も探究心もない。

 

大体、こんな感じです。
ただ友人曰く、自分の本質ではないことを書かれていても働く上で自分にとってむしろプラスになっている。とのことです。
お客さんはこの情報を見て自分を指名してくれるわけだから、お客さんが自分に求めているものがあらかじめ分かっている。
自分の本質じゃなくても笑顔や愛嬌や癒しを前面に出して仕事をすればいいので、仕事のやり方の指標として役に立つ。と言っていました。

単純に男目線で見たら嘘を書くなんて駄目だろうと初めは思っていましたが、
友人のように仕事に対してプロ意識を持っている人にかかれば、どんなことでもプラスに持っていけるということが分かりました。

妻が口をきいてくれない2

男性の皆様はどんな下着を履いていますか?
女性の皆様は男性の下着を見ていますか?

男性用の下着としてブリーフやトランクスやボクサーパンツ等があると思いますが
ここで挙げたような、どんな種類の下着かということではなくて
どんなデザイン・柄のものを選んでいますか?

私は下着を集める事が好きで、特定のブランドにこだわらず、好みのデザインのものがあれば、ついつい買ってしまいます。
下着に興味があると、他人の下着にも興味が出てくるものです。
友人と一緒に銭湯に行ったときは友人の下着をそれとなくチェックしています。

不思議とその人の性格が選ぶ下着に出ているように思います。
几帳面で堅実な性格の友人は無地でいつも状態が綺麗な下着を着けていました。
ルーズな生活をしている友人はヨレヨレの下着をいつまでも履いていました。
女好きで派手な友人は、奇抜なデザインでブランド物の下着を着用していました。
玉虫色のブーメランパンツを履いていた友人もいましたが、確かに変わった性格の方でした。

下着は身に着けるものの中では通常、他人に見られるものではないですから
その人なりのこだわりが色濃く出るものだと思います。

下着は消耗品であるから、そこまで大事に大事に履いているわけでもないのですが
やはり、気に入ったものは長く使いたいと思う気持ちがあります。
余談になりますが
昔、親しい仲になった女性に下着を脱がされた時に、とてつもない力で引っ張られたことがありました。
引っ張られている間、頭の中で「おおきなカブ」が想起されていました。
私のMサイズの下着が最終的にはXLサイズぐらいにビロンビロンになりました。
その時も、もちろんお気に入りの下着を履いていましたので、とても悲しい気持ちになりました。
女性の中にはこんなアマゾネスみたいな方がいますので、お気に入りの下着を着用しているときはなるべく自分で脱ぐようにしましょう。

さて、先日も気に入った下着を見つけたので買って帰りました。
どんなデザインの下着かというと、青のストライプ地にバナナやブドウやパイナップルといった様々な果物がプリントされている下着です。
こちらですね。

f:id:taxholic:20180918162845j:plain

その下着をとても気に入ったので、買って帰ったその日のうちに着用しました。

私「ほら、これ新しい下着なんだけど、どう?」

妻「いいんじゃない。ちょっと可愛すぎるとも思うけど。」

私「そうかな?ところで色々な果物があるけど、例えば正面から見てバナナは何本プリントされてるか数えてくれない?」

妻「うーん、ちょっと待ってね。1,2,3,4…10本かな?」

私「えっ?10本?おかしいなあ。ちゃんと数えた?11本でしょ?」

妻「ちゃんと数えたよー1,2,3,4…ほら10本で合ってるじゃない。」

私「しょうがないな、じゃあ一緒に数えてみるよ。1,2,3,4…10とこれが11本目(ボロン)」

f:id:taxholic:20180911164332j:plain

 


なぜでしょう。この後から妻は私と口をきいてくれなくなりました。

私は友人を泣かせるためにウォッシュレットしている姿を見せたんじゃない!

先日、友人から「引っ越したから遊びに来なよ」と連絡があったので友人宅に遊びに行きました。
新しい友人宅は新築のマンションでしたので外装も内装もとても綺麗でした。

部屋に入ってお互いの近況をしばらく話した後に、友人がお部屋紹介のコーナーを勝手に始めだしました。
他にすることもなかったので一通り紹介してもらいました。
キッチンから始まってリビング、洗面所、浴室と順番に回っていき、最後にトイレの紹介を終えてお部屋紹介のコーナーが終わりました。
友人が感想を求めてきたので「さすが新築だね、全部キレイでお洒落だね」と伝えました。

 

しばらくして友人が「ウォッシュレットって使ったことある?」と聞いてきました。

続きを読む

父とギンギンくん

「ギンギンくんを買ってきてくれないか?」
いきなり父にこんなことを言われた。
おいおい父よ、御年61になるあなたでもまだギンギンへの渇望があるのかと。
むしろ私は誇らしく思った。
「いいだろう父よ、不肖の息子である私が何も聞かずにそのギンギンくんとやらを買ってきてやろう。もちろん母には内緒でな」
という事を父に目で語ると、
「いや違うんだ息子よ、最近昼過ぎになると眠気が襲ってきて仕事が手に付かないんだ。
それを払拭するために眠気覚ましの成分が入っている汗ふきシートのギンギンくんを買ってきてほしい」ということなんだ。
少々刺激的なネーミングゆえに君に誤解を与えてしまったようだ、すまない。という事を目で語ってきた。

続きを読む

妻が口をきいてくれない

私が妻にちょっかいをかけて、妻がそれをあしらうというのが私達の日常だ。
時に私の気分がノッてくると、妻は本当に嫌そうな顔をする。顔だけでなく言葉でも嫌だと言ってくる。
私の顔が気持ち悪いとか、顔が汚いとか、顔がうるさいとか、とにかくありとあらゆる言葉で私を拒絶してくる。
それを聞いてまた私が増長してちょっかいをかける。といった次第だ。

ここまで聞くと、私と妻の関係が破たんしているのでは?と思われるかもしれないが、安心してほしい。
私達の根底にはパートナーへの好意と信頼がある。
その大きな土台の上で「嫌いだ」なんて言ってみて、じゃれ合っているだけなのだ。・・・少なくとも私はそう考えている。

しかし困ったことになった、妻が昨日から口をきいてくれない。
原因は分かっている、昨日私がスコーンを作った時のことだ。

続きを読む